株式会社G&J エンジニアリング

株式会社 G&Jエンジニアリング

プライベートコーチングPRIVATE COACHING

プライベートコーチが、こんな方をお手伝いします。

こんな人がコーチングを受けてます

以下は架空の人物です

Aさん 男性 32歳

 私は、大手企業に努める営業マン。妻とは3年前に結婚、子供が1人生まれ、給与もそれなり。見た目には一般的で幸せな家庭だろうか。妻との関係は悪くはないけど、仕事が忙しくて、最近は会話が減って、なんだかすれ違っている感じがする。相手の気持ちを分かってあげようとは思うけど、どうにもそうはならない。
 会社では中堅と言われ、後輩も増え指導する立場にある。入社してから、課長や先輩の姿をお手本に自分なりにがむしゃらにやってきたが、あまりやりがいを感じない。売上ノルマに追われ、毎年同じことを繰り返している感じ。自分の成長も感じない。転職する同期や年の近い先輩も増えてきた。でもなあ、転職しても、同じことの繰り返しのように思える。給与が多少変わるかもしれないけど、それでやりがいが持てるとも思えない。どこの会社に行っても同じじゃないかな。入社試験の時は、訳も分からず、人を幸せにするような仕事がしたいとか、言っていたよなあ。いったい俺は何をやりたいんだろう、毎日が忙しくて、そんなことも落ち着いて考える時間がない。もっと、やりたいことができたら、仕事も楽しいんだろうな、俺らしい仕事をしたい。

コーチングを受けることで

  • 本当に自分がやりたいことが見つけられます
  • 仕事のパフォーマンスが驚くほど変わります
  • 会社での人間関係が変わります
  • 奥さんが、よりハッピーになります

Bさん 女性

 私は育児をしながら働く41歳。36歳の時に授かった子供は保育園に預けている。
 仕事は、入社以来ずっと同じ会社。いろんな仕事をやってきた。でも出産後はずっと事務仕事。入社した時は若くて元気な会社だったけど、だいぶお局様も増えてきて、雇用延長のおじさんたちもいるから職場は人員過剰気味。仕事は、ルーチンワークばかり。周りも、仕事に熱意は無いし、職場に活気はない。おじさんたちは週末を楽しみに会社に腰かけている感じ。同僚のママさん社員達の中にはがむしゃらタイプのママさんもいるけど、冷ややかな目でおじさんたちを見ながら黙々と働く女性の方が多いかな。自分もその一人。私はいったい何のために仕事をしてるんだろう。
 夫は、大企業で働くサラリーマン。毎日帰宅は10時を回る。朝も早い。週末もお疲れのようで、多少子供の相手をしてくれるけど、後は、ゴロゴロするか趣味の車いじり。もっと子育てに協力してほしいと思う。でも「俺だって忙しいんだ」という言葉が顔に書いてある。些細なことでよく喧嘩をする。子供といえば、いつも言うことを聞いてくれない、だから、ついつい感情的になって怒ってしまう。夫はどうして私のことを理解してくれないのか。はぁ、毎日がストレスで何とかしたい。

コーチングを受けることで

  • 自分の本当にやりたいことがみつかります
  • 子育てがもっと楽しくなります
  • 家族とのつながりがもっと強くなります
  • 旦那さんが、やさしくなります

Cさん 男性

 私は、大手企業に勤務する48歳。今は技術部門の部長職。入社以来、技術畑を歩んできた。技術力を評価され、課長、部長と昇進もそれなりに早かった。でも、役職が上がるたびに好きな技術の仕事から遠ざかるいっぽう。会社の業績も昔ほど良くないため、マネジメントとして、数字と時間に追いかけられる日々。今の部長の仕事は義務感でやっているところが大きい。本音を言えば、もっと現場で自由にやりたい。でも、今やるべきことをやらないと、と思って自分にムチ打つ日々。若いころはもっとじっくり技術に専念できて楽しかった。今の若い技術者はそんな時間もなく、それをやらせてあげられない申し訳なさも感じる。みんな仕事が楽しい、とは思っていないだろうなあ。若手、中堅社員の退職も目立ってきた。上層部はもっと新しいことをやってもっと売上を伸ばせというが、そんな空気は現場からは感じられない。部下には少しでも技術者としての喜びを感じてほしい。そんなことを毎日考えるが、日々流れる時間に流されている感じ。夜飲むお酒も増えている。
 仕事一筋で大した趣味もない。昔のような熱量で仲間たちと燃えるように仕事をしたい。

コーチングを受けることで

  • 昔感じたワクワク感よりももっとワクワク仕事ができます
  • 部下や上司に良い変化が現れます
  • 自部門の業績が上がります

Dさん 女性

 私は、都内在住の53歳の専業主婦。子供は一昨年大学を卒業し、家を出てくれて、ひと段落。今は夫と二人暮らし。でもコミュニケーションは希薄で、決して仲が良いとは言えない。悪い人でもないし、長年連れ添ってきたので、お互いに頼りにしているところもある。ずっと子供に心を注ぎ続けたせいか、子供が独立した後はなんだか気が抜けた感じ。更年期障害も始まっているのか、体調も芳しくない。自分の母親もだいぶ弱ってきている、これから始まる介護生活のことを考えると不安でいっぱいになる。そんな不安の中、趣味でも始めようと、カルチャースクールに友人と通い始めた。友達も増えてそれなりに楽しいけど、なんだか本気で打ち込めない。何をやれば自分はイキイキできるのかしら。もっと健康で、充実した日々を送りたい。

コーチングを受けることで

  • 自分の未来に期待を持てるようになります
  • 充実した日々を手に入れることができます
  • 健康を手に入れることができます

Eさん 男性

 私は、40歳、ベンチャー企業の会社役員。社長と二人三脚で会社を立ち上げてきた創業メンバー。創業15年、順調に会社は立ち上がってきていた。仲間にも恵まれ、この15年間、全力で走り抜けてきた。経済的自由も手に入れた。でも果たして自分はこのままでよいのか、なんだか物足りなさを感じる。会社も軌道に乗って、今は安定期に入りつつある。最近は、何をやっても自分の中では同じことを繰り返している感じ。社長とは昔から夢を語り合ってきたが、今では実務を安定して回すことが、私の役割であり、社長もそこを期待している。自分の気持ちがどこにあるのかはっきりしない。このままこの状態を続けるのは何だか違う気がするが、さてどうしようか。

コーチングを受けることで

  • あなたにコーチという特別な伴走者ができます。
  • これから目指す夢の輪郭が見てきます
  • 自分の隠れたポテンシャルが見えてきます

コーチプロフィール ケーススタディ コーチングプログラム 「コーチングについて」よくある質問と答え お問い合わせ
特定商取引法に基づく表示